Tire Coating タイヤコーティング剤

タイヤの保護&劣化防止に
役立つ、次世代型
タイヤコーティング剤

一般的なタイヤ用コーティング剤やワックスは、タイヤ表面にたまった溶剤が、走行時に発生する遠心力でボディに飛び散り、ボディを汚してしまうことが多いのが実情です。当社のタイヤプロテクトコーティングは、タイヤと瞬時に一体化することで、液剤がボディを汚してしまうことがありません。施工後は、タイヤの劣化やヒビ割れを防止し、変色も防ぎます。また、まるで新品のような黒々とした自然な艶を取り戻すこともできます。持続期間は約3ヵ月で、1セットで軽自動車4~5台分の施工が可能です。

商品名 Big Bang (ビッグバン) タイヤプロテクトコーティング
価格 ¥2,000(税別)
キット内容 タイヤプロテクトコーティング(100mℓ)、専用スポンジ
タイプ 油性

効果1 液剤の飛び散りなし

業界初の本格皮膜型

タイヤと相性の良い被膜型シリコーンを採用するため、液剤がタイヤの振動や伸縮に追従。タイヤと一体化するため、走行による液剤の飛び散りがありません。長時間性能を持続することも可能です。

効果2 超撥水効果あり

施工前水はじきなし

施工後超撥水します!

特殊シリコーンオイルを配合するため、施工後は超撥水効果が得られ、水分をタイヤ内に浸透させません。そのため、吸水により発生するタイヤの劣化を抑えることができます。

効果3 新品のような艶を実現

従来のタイヤワックスのようなギラギラとした艶ではなく、新品タイヤのような黒々とした自然な艶感を実現します。本剤を塗り重ねることにより、好みの艶に仕上げることも可能です。艶が引いたあとも、汚れ防止や保護効果は長期間持続します。

効果4 紫外線からの保護

通常タイヤ

タイヤコート施工済み

紫外線防止剤の配合により、紫外線による劣化を低減します。また、ヒビ割れや焼け防止にも有効です。スノータイヤの保管中の保護としても最適です。

効果5 汚れ除去効果

茶色への変色の原因ともいえる、タイヤ内部からの汚れの浮きを防止します。表面の汚れは簡単な水洗いで除去できるため、日々のお手入れが簡単です。

他社製品との比較

テスト方法

他社製品との比較テストを実施。施工後24時間乾燥させ、100時間経過後の色味の変化を検証しました。

艶感を比較

結果は、「水性タイプ」、「他社のプロ用タイヤコーティング剤」、「他社の一般向けタイヤコーティング剤」ともに、艶感がなくなり退色が見られました。「当社製品」は若干の艶の引きは見られましたが、黒々とした艶感をキープ。

手触りを比較

「他社のプロ用タイヤコーティング剤」と「他社の一般向けタイヤコーティング剤」は、ともに、表面にオイルのベタつきが確認されました。つまり、オイル成分でタイヤに艶を与えているにすぎない製品と言えます。「当社製品」はベタつきがなく表面はサラサラの状態です。

施工方法

1. しっかりと水分を除去

タイヤをしっかりと洗浄後、水分を完全に取り去ります。作業には水分が大敵なので、洗浄の翌日に施工することをおすすめします。

しっかりと水分を除去

2. スポンジに塗布

液剤をよく振って攪拌し、付属のスポンジに数滴取り出します。

スポンジに塗布

3. 均一に塗り込む

タイヤ側面をスポンジでなでるように塗り込んでいきます。液剤が足りなければ足しながら1周ぐるりと施工できたら、他のタイヤ3本を同様に施工します。他3本を施工している間にほどよく表面が乾くため、その後再度1本目に施工したタイヤに2回目の施工を行います。
※さらに艶が欲しい場合は、塗り重ねてください。

均一に塗り込む

ページの先頭へ